コンサート

  • ¥ 3,000
  • 里アンナ 奄美島唄ライヴ 2019年7月23日(火) CAPARVO HALL(鹿児島) https://www.kagoshima-sr.jp/access-info/ 開場:19:00 開演19:30 前売り 3,000円(自由席) 当日券 3,500円 ワンドリンクオーダー 500円・全席自由・未就学児入場不可

  • ¥ 3,500
  • 野尻小矢佳コンサート 〜月からの贈り物 ヴィブラフォンにのせて 2019年9月14日(土)開場13:00 開演13:30 会場:アトリエハル 杉並区浜田山3-22-7 チケット:3500円(税込) 演奏予定曲:フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン、月光によるパラフレーズ、ドリーム 他 野尻小矢佳(のじりさやか、パーカッション)  幼少より国内外で経験を積む。武蔵野音楽大学卒業、特修科修了、同大学奨学生。日本打楽器新人グランプリなど受賞多数。「観て、聴いて、感じる」多彩な音楽が魅力。国内外のコンサートで創造性豊かな音楽を届け、学校や地域でのアウトリーチ活動も行う。多種多様なコラボレーションも多く、寄り添うようなアプローチから、唯一無二な世界観が拡がる舞台まで、プロデュースも好評を得ている。CD3枚リリース、年間最優秀録音盤に選出。メディカルハーブや心理学、ヨガなど、心身への造詣も深め、より視野を拡げた活動を展開する。(一財)地域創造・公共ホール音楽活性化事業アーティスト。こおろぎ社、REMO、Protection Racketエンドーサー。http://www.sayakanojiri.com

  • ¥ 4,000
  • 上松美香デビュー20周年 「日・パラグアイ外交関係樹立100周年」認定事業 上松美香アルパ・コンサート at  海の見えるホール 2019年7月13日(土) 開場13:00  開演13:30 会場:海の見えるホール(聖ステパノ学園内)  神奈川県中郡大磯町大磯868(JR大磯駅より会場まで徒歩10分) チケット:4,000円(税込・整理番号付) ※開場時、チケット記載の整理番号の早い方から並んでいただき入場となります。<ご注意> 開場時間を過ぎますと整理番号は無効となります。 後援:大磯町、大磯教育委員会 上松美香プロフィール  13歳の頃より母親でアルパ奏者のクリスティーナ・上松の元でアルパを習い始める。15歳でパラグアイへ渡りパラグアイ国最大の音楽祭「グアランバレフェスティバル(フェスティバル・デ・タクアレ)」において、日本人として初めて演奏し、「特別賞」を受賞。またアグスティ-ン・バルボ-サ音楽財団より金メダル受賞。1999年、17歳の時に第2回全日本アルパコンクールで優勝。同年、メキシコシティ-で行われた、ラテンアメリカ・アルパ・フェスティバルに出演し熱狂的なスタンディング・オベーションを受ける。 2000年、キングレコードより全曲自身のアレンジによる春のソロアルバム「INOCENCIA」でデビューし、14週連続でチャートインを果たす。以後、2年間で5枚のアルバムを発表。年間200本以上の公演に加え、メディアにも多数出演し日本全国にアルパを広める。2003年、活動を一時休止してアイルランドやパラグアイなどに渡航し、更なるアルパの世界を広げ作曲活動に専念。2004年、ユニバーサルミュージックへ移籍。2005年、ユニバーサル移籍第一弾として、オリジナル曲を中心としたアルバム「mika AGEMATSU」を発表。同年、先駆的活動をしている女性に贈られる「エイボン芸術賞」を受賞。 2006年、時を越えて愛される名作アニメの音楽を、アルパの技巧・音色を駆使した初のアニメカヴァー・アルバム「ANIPA(アニパ)」や、STB139スイートベイジルで行われたライヴDVD「上松美香LIVE!~2006・春~ MIKA AGEMATSU LIVE - 2006, SPRING -を発表。2007年、自身が理想とするラテン音楽を創るために新ユニット"Cruz″を結成しアルバム「Cruz del Sur(クルス・デル・スル)/南十字星」を発表。長野県信毎文化事業財団より文化・スポーツ活動などで優れた業績をあげ社会に貢献した人に送られる「第12回信毎選賞」を受賞。 2008年4月よりBSジャパン「写真家たちの日本紀行」番組メインテーマを担当。7月自身初の全曲アルパソロによるギターの名曲カバーアルバム「カヴァティナ」を発表。同年10月、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。11月には南米パラグアイ国において初のオリジナルコンサート「シンフォニア・デ・アルパ2008」を開催し、満席の観客よりスタンディング・オベーションを受け、大成功を収めた。同時に開催された「グアランバレ音楽祭」「第2回世界アルパフェスティバル」にも出演。 2009年、デビュー10周年特別企画盤「上松美香ベストArco iris~虹~」、「青春の輝き~上松美香Playsカーペンターズ」を発表。2010年、70台のアルパがステージに並ぶ「グランフェスティバル2010を主宰し、成功を収める。近年は、コンサート、学校公演やCD制作を柱とし、また著名アーティストとの共演も多く行い、演奏家・作曲家としての活動の場を広げている。特に声優アーティストの水樹奈々との親交が深く、2009年の「NHK紅白歌合戦」での参加、CDレコーディング、楽曲提供、またライブでは東京ドーム、西武ドーム、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナなどにゲスト出演。一方で後進の指導も積極的に行うなど、人気・実力ともに日本を代表するアルパ奏者として目覚ましい活躍を続けている。

  • ¥ 4,000
  • 大河ドラマ「西郷どん」のメインテーマで唄い、その圧倒的な歌唱力で話題になった里アンナ、待望の東京公演。海外公演も多く、スペインの至宝と呼ばれるフラメンコダンサー、エバ・ジェルバブエナさんとも共演。フランス公演では、「ヒマラヤ山脈並みの高音を放ち、楽曲を楽しみつくす里アンナ」と評されました。 今回の公演は、同じく奄美大島出身の唄者 里歩寿を迎えて、奄美大島の島唄を中心にお届けします。都心に奄美大島の風を感じるコンサートです。 圧倒的な歌唱力で世界を魅了する奄美大島の唄者 里アンナ東京公演! 都心に奄美の風が吹く 里アンナ 島唄コンサート 2019年7月20日(土)19:00開場 19:30 開演 会場:東京建物八重洲ホール 東京都中央区八重洲1-9-8 ヤエスメッグビルB2 東京駅 八重洲中央口より徒歩2分 チケット 4000円(全席自由) 整理番号有 ※開場時、整理番号順にご入場いただきます。 ホールは、待機場所がございません。開場時にご来場ください。 出演:里アンナ(唄・三線)、里歩寿(唄・三線) 演奏予定曲:朝花、行きゅんにゃ加那、六調  他、 奄美大島に脈々と受け継がれる島唄をお届けします 主催:MINFAPLAN 協賛:町田酒造 里アンナAnna Sato :奄美大島 島歌、三線 3 才より祖父に奄美の島唄を習い、その後島唄の大会で数々の賞を受賞。2005年の「愛・地球博」で山本寛斎プロデュースのオープニング・イベント出演後にデビュー。2013 年、2015 年ミュージカル「レ・ミゼラブル」にファンテーヌ役として出演。2016 年フランスのコルシカ島で開催された歌のフェスティバルに出演。スウェーデンのヨーテボリオペラで、ベルギーの振付家シディ・ラルビ・シェルカウイの作品「ICON」で島唄を歌唱。2016年、ニューヨークで初島唄ソロライブ。 2017年には、フランス、パリで里アンナ×佐々木俊之で唄とドラムのduoでのコンサートを成功させた。 2018年大河ドラマ「西郷どん」メインテーマで歌い、その圧倒的な歌唱力で話題を呼んだ。奄美編では愛加那の義理の姉、里千代金役で出演した。 2018年フラメンコを代表するアーティスト、エヴァ・ジェルバブエナとの共演舞台をスペイン、フランスなど海外で公演に絶賛されている。 https://www.annasato-primitive-voice.com 里 歩寿 Alice Sato:奄美大島 島歌、三線 奄美大島瀬戸内町出身。兄の影響で4歳より島唄を始める。2004年奄美民謡大賞において新人賞受賞を皮切りに数々の賞を受賞する。中学生の時に民謡民舞少年少女奄美連合大会で3年連続最優秀賞受賞。2010年(高校2年)奄美シマ唄日本一大会でグランプリ受賞。同年、奄美民謡大賞において大賞受賞。1996年元ちとせ氏が最年少で受賞して以来、誰も破る事ができなかった最年少記録を塗り替えた。2012年3月アルバム『アリス』リリース。2014年にはドイツ国会議事堂に招待され奄美シマ唄を披露。2018年、全国11か所で開催の「グローバルセッションVOICE心を結ぶ世界の歌声ツアー」に出演。 主催:ミンファプラン http://www.minfaplan.com 03-5378-5690