ウォン・ウィンツァン コンサート

¥ 4,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

都心の心地いいサロンホールに響く、繊細なピアノの音色

ウォン・ウィンツァン コンサート
ゲスト:遠藤晶美(ギター)

2017年9月14日(木) 18:30開場 19:00開演

チケット料金:前売り4000円  当日券4500円



演奏予定曲:
Wong WingTsan 作曲
♪ 夜明けのまなざし〜NHK『目撃!にっぽん』テーマ〜
♪ 旅のはじめに〜Eテレ『にっぽん紀行』テーマ〜
♪ 夏、祈ったこと 
♪ インディアンサマー

遠藤晶美 作曲
♪ The Song of Earth & Sky 
♪ Our Loving Hands 

ウォン・ウィンツァン Wong WingTsan (ピアニスト、作曲家、即興演奏家)
1949年神戸で、香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、1歳より東京で育つ。19歳からプロとしてジャズ、フュージョンなどを演奏。24歳で“Brown Rice”のキーボードとして全米ツアー。87年に瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、90年よりピアノソロ活動開始。超越意識で奏でる透明な音色で “瞑想のピアニスト”と呼ばれる。92年サトワミュージックを発足、1'stアルバム『フレグランス』がFMから火がつきロングセラーに。以後『Doh Yoh』『光の華』『青の龍』など30作近くのCDを発表。NHK「にっぽん紀行」「目撃!にっぽん」 Eテレ「こころの時代」のテーマ音楽でも知られる。超越意識で奏でる透明な音色に“瞑想のピアニスト”と呼ばれる。



遠藤 晶美  Masami Endo  (Electric gut guitar)    
(ギタリスト、コンポーザー、アレンジャー)

音と心の共振が織りなす波動と、生活や社会との関連における音響生態に着目し、音楽の可能性を研究。90年代、民族楽器や自然音を融合させたサウンドデザインを先駆け、公共空間のサウンド・アート、映像作品、さらに精神医療におけるサウンド・セラピーなど各分野で評価を得る。アジアのミュージシャンやネイティブアメリカンとの出会いを通してコラボレーションを重ねる。2004年リリース『The Song of Earth and Sky』(silentstone発売)では、ギターを中心にライヤ、クレイポット、パーカッション、キーボードなど全て自身で奏で “おだやかな覚醒のアースミュージック”と評判になる。センシティブでブルージーなサウンドが聴く人を魅了する。