OTTAVA SUMMER CONCERT 2017

¥ 5,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

ヴァイオリンのNAOTO、チェロの柏木広樹をはじめ、
クラシック専門インターネットラジオOTTAVAが厳選した豪華メンバーが出演!

OTTAVA SUMMER CONCERT 2017

日程:2017年7月20日(木) 18:00開場 19:00開演  ※日程大きく
会場:豊洲シビックセンターホール 
東京都江東区豊洲2-2-18 豊洲シビックセンター 5F
https://www.kcf.or.jp/toyosu/access/

出演:
NAOTO(ヴァイオリン)&榊原大 (ピアノ)
柏木広樹 (チェロ) & 光田健一 (ピアノ) “二人旅”、
柳瀬大輔(バリトン)&本田 聖嗣 (ピアノ/OTTAVAプレゼンター)


チケット:前売り5000円(全席自由)  当日券 5500円

【演奏予定曲】
_ _柳瀬大輔&本田 聖嗣_ _
ガーシュウィン:ミュージカルナンバーより
バーンスタイン:ミュージカル「ウェストサイドストーリー」より
またはA.L.ウエバー:ミュージカル「オペラ座の怪人」より

_ _柏木広樹& 光田健一 “二人旅” _ _
・柏木広樹 & 光田健一:Partiendo (パルティエンド)
・ピアソラ:リベルタンゴ

_ _ NAOTO _ _
・NAOTO:HIRUKAZE ~NHK「スタジオパークからこんにちは」テーマ曲~
・クライスラー:前奏曲とアレグロ
・モンティ:チャルダッシュ


主催:OTTAVA http://ottava.jp  制作協力:MINFAPLAN

コンサートお問い合わせ:OTTAVA 03-3288-1017 http://ottava.jp

OTTAVA SUMMER CONCERT 2017

【裏面】

NAOTO(ヴァイオリニスト/作編曲家)
東京藝術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科卒業。クラシックからポップスまでジャンルレスな高い音楽センスと、ブリッジをしながらの演奏など、華麗なパフォーマンスで人気を博す。最新作はNHK「スタジオパークからこんにちは」テーマ曲などを含む7年ぶりのオリジナルアルバム「Gift」。ドラマ「のだめカンタービレ」では出演、演奏指導、楽曲提供で一躍注目を集め、ハローキティとのコラボ、日本スープカレー協会理事に就任、カレーマイスターの資格取得、ラジオパーソナリティなど活動は多種多彩。ジャンルをスタイリッシュに跨ぎ、ポップスを表現するヴァイオリニストとして、さらなる注目が集まっている。
http://www.naoto-poper.com


榊原大( DAI SAKAKIBARA : ピアノ/作編曲)
90年代、ポップス・インストゥルメンタル界を席巻した芸大生バンド“G-CLEF”の中心メンバーとして活躍。2001年から本格的にソロ活動に取り組み、以来オリジナルアルバムのリリースを重ねる。また映画やテレビドラマなど映像音楽の作品も多く、NHK連続テレビ小説「ファイト」、NTV系列ドラマ「ブルドクター」、テレビ朝日系列「ワイドスクランブル」「ANNニュース」テーマなどの音楽を手掛けている。15年7月には、新旧のポップス曲に斬新なアレンジを施した9作目のアルバム「Dear Love Songs」をキングレコードより発表。




柏木広樹 & 光田健一 “二人旅”

チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオ・ユニット“二人旅”。同時代を東京芸術大学で学び、在学中にそれぞれプロデビュー、八面六臂の活動を経て、2012年に初のライブ・ツアーでタッグを組んで以来、全国ツアーを毎年敢行。チェロの概念を覆す柏木の自由なサウンドと、ファンタジスタ光田の歌い上げるピアノ。ハッピーオーラ溢れる音楽を、あなたの街にお届けする“二人旅”が、ついに待望の1stアルバム『Partiendo(パルティエンド~旅立ち)』を2017年3月にリリース!


柏木広樹 ( HIROKI KASIWAGI :チェリスト・作編曲家・プロデューサー]

東京芸術大学在学中にG-CLEFとしてデビュー、ソロ活動開始後はブラジルやスペイン、和など多国籍なテイストを盛り込んだ独創的な音楽性を通し、通算8枚のオリジナルアルバム、ベストアルバム「Best Wishes」を発表。映画「おくりびと」本木雅弘のチェロ指導・劇中演奏、「冷静と情熱のあいだ」出演、テレビ番組・CMへの楽曲提供や演奏、映像音楽も多く手掛ける他、葉加瀬太郎や西村由紀江のサウンドプロデュースを務める。2015年9月、押尾コータロー、藤原道山、西村由紀江、吉俣良、ウェイウェイ・ウー、NAOTO、佐藤竹善(SING LIKE TALKING)などをゲストに迎え、アルバム「Cellos LIFE」をリリース。人間の声に最も近いと言われるチェロを変幻自在に操る唯一無二のアーティスト。
http://www.hirokikashiwagi.com/


光田健一 ( KENICHI MITSUDA : ピアニスト・シンガー・作編曲家)

東京芸術大学作曲科入学と同時にジャズ・ピアニスト、作編曲家、キーボード奏者としてプロ活動を開始。石井竜也、渡辺美里の編曲、音楽監督として新日本フィルを筆頭に各地のオーケストラと競演。小田和正の最新作「あの日 あの時」など多数の作品にコーラス参加。スターダスト・レビューのメンバーとしての活躍で知られ、RAG FAIRのプロデューサー、AKB48「桜の栞」の編曲も務める。『♪ピアノうた』=『シンガーソングライター』、『♪ピアノびと』=『ピアニスト』として、95年ソロデビュー以後、20作超のCD、DVD作品を発表。全国ツアーも毎年敢行。20周年記念公演をハクジュホール、TOKYO FMホールにて開催し、両公演共に完売を記録。
http://www.kenichi-m.com/


柳瀬大輔(DAISUKE YANASE : バリトン)
東京藝術大学声楽科卒業。2009年まで劇団四季に在籍し、現在は、フリーで舞台出演やコンサートなどで活躍、「スタジオ花鳥風月」のプロジェクト名で、自主制作のライヴなどを開催。主な舞台出演作は「ファンタスティクス」、「オペラ座の怪人」、「美女と野獣」「ロストフォレスト」、音楽劇「オリビアを聴きながら」など。2012年に北京の「日中友好40周年記念イベント」で日本の歌を歌う。2014年川崎市主催のアート講座にて講師を務め、好評を博した。



本田 聖嗣(SEIJI HONDA : ピアニスト)
東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。芸大在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科にも合格。プルミエ・プリ(最優秀賞)を受賞し同音楽院ピアノ科を卒業後、室内楽科のプルミエ・プリも受賞し、フランス高等演奏家資格を取得。イタリア・フランスなどの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞。オクタヴィアレコードより発売した「馥郁たるパリの香り2」のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、TVドラマなどの音楽の作曲・演奏を担当するほか、ラジオではインターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンター、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」のMCも務めている。日本大学芸術学部音楽科講師、ヤマハマスタークラス特別コース講師。日本演奏連盟会員。東京コンサーツ所属。